Author Archives: ジューテックSTAFF

「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が改正されます!

平成22年5月26日に公布され、同年10月1日に施行された

「公共建築物における木材利用の促進に関する法律」を

改正する法律案が令和3年6月18日に公布されました。

法律の題名が

「脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における

木材の利用の促進に関する法律」に変わります。

 

◆主な改正内容

法律の名称が上記に改められるとともに、

目的について「脱炭素社会の実現に資する」旨を明示する改正を行い、

木材利用の促進に関する基本理念(※)が新設されます。

また木材利用を促進する建築物の対象範囲が

現状の低層の公共建築物から民間建築物を含む

「建築物一般」にまで拡大されます。

さらに農林水産大臣を本部長、関係大臣を本部員とする

木材利用促進本部を設置し、基本方針の策定等を行い、

10月8日を「木材利用促進の日」、10月を「木材利用促進月間」として法定化し、

国等は普及啓発の取組を行います。

 

※基本理念(第3条)

1 木材の利用の促進は、地球温暖化を防止することが

人類共通の課題であり、そのための脱炭素社会の実現が

我が国の緊要な課題となっていることに鑑み、

森林における造林、保育及び伐採、木材の製造、建築物等における

木材の利用並びに森林における伐採後の造林という循環が

安定的かつ持続的に行われることにより、

森林による二酸化炭素の吸収作用の保全及び強化が

十分に図られることを旨として行われなければならない。

2 木材の利用の促進は、製造過程における

多量の二酸化炭素の排出等による環境への負荷の程度が高い資材又は

化石資源(原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭をいう。以下同じ。)

に代替して、森林から再生産することが可能である木材を利用することにより、

二酸化炭素の排出の抑制その他の環境への負荷の低減が図られることを

旨として行われなければならない。

3 木材の利用の促進は、森林の有する国土の保全、

水源の涵養その他の多面的機能が持続的に発揮されるとともに、

林業及び木材産業の持続的かつ健全な発展を通じて

山村その他の地域の経済の活性化に資することを

旨として行われなければならない。

 

「公共建築物における木材利用の促進に関する法律」により

公共建築物の床面積ベースの木造率は法制定時の8.3%から

令和元年度には5.5%増加し13.8%にまで上昇しました。

一方で民間建築物については、

非住宅分野や中高層建築物の木造率は低位にとどまっています。

また2050年カーボンニュートラルの実現に貢献する為には、

「伐って、使って、植える」という木材資源の循環利用を

進めていく必要性があります。

 

以上の事から、建築物におけるさらなる木材利用の促進・普及が

進むと考えられます。

今後も国の施策や助成金の情報等、皆さまに有益な情報があれば

随時発信していきますので引き続きブログをご覧になっていただければ

幸いです。

木造化、特に非住宅木構造に関するご相談がありましたら

ジューテックの木構造チームまでご連絡ください。

お問い合わせ・資料請求

助成金のお知らせ 「JAS構造材個別実証支援事業」 PARTⅡ

現在、「JAS構造材個別実証支援事業」の申請のサポートを行っています。

今回は、申請の流れや注意点など説明していきます。

※今年度のJAS構造材個別実証支援事業の申込は終了しました

 

↓前回のブログ(4月6日付け)にてJAS構造材個別実証事業の内容を

説明しております。

https://www.jutec-mokuzouhijuutaku.com/blog/5087/

 

 

申請の流れ

事前申請、交付申請と2度申請を行います。

 

①事前申請 :プレカット発注前に行う申請

申請が受理され、結果通知書が届くとプレカットの発注が可能になります。

②交付申請:上棟後に行う申請

上棟(JAS材の建て方完了)から1カ月以内が提出期限になります。

 

 

 

提出物

事前申請の際と図面や使用樹種が異なる場合は、交付申請時に修正を行います。

 

 

◆助成金額

事前申請、交付申請で申請金額が異なる場合は、

低い金額が助成金額となります。

※CLTを使用した場合は、図の金額と異なります

 

 

◆助成金額 試算例

上記の方法で、材積・加工費・運賃を検討してみると、、、

①と②を合わせて、90万円の助成金を受け取れる可能性があります!!!

 

 

申請物件の交付申請が完了しましたら、詳細等紹介させて頂きます。

 

 

今後も新たな助成金がありましたら、発信をしていきます。

助成金や木造非住宅に関するご質問がありましたら、

お問い合わせください!!

 

【お問い合わせ】

株式会社ジューテック

市場開発部 木構造チーム

TEL   :03-5408-5055

【合板ショック】木材の次は、合板が品薄に・・・

ウッドショックでバタバタしている中、

8月3日の木材新聞にこんな記事が掲載されていました。

「合板ショック」台頭

 

ウッドショックと並行して合板の市況も厳しい状況ではありましたが、

7月に入り、着工予定の物件に影響が出ているという声も聞こえてくるようになりました。

 

なぜ合板ショックと呼ばれる状況となったのでしょうか?

以下、3点が主な要因となっております。

 

1.ウッドショックが起こり、合板への仮需の引き合いが強まった

2.ウッドショックにより、原木丸太が品薄となった

3.7月のプレカット工場の木材在庫が想定より余裕があり、合板への追加需要が高まった

 

 

輸入合板も厳しい状況であり、

インドネシア・マレーシアは、コロナ感染における活動制限を発令したことと

原木不足により工場の生産量が減少しました。

 

またアメリカの住宅着工数が増加しているため、

それにともないアメリカ向けの輸入が好調となっています。

 

国内の工場は、8月に夏季休暇に入る為、生産量が30%程落ちることが予想されます。

 

 

木材・合板共に厳しい状況ではありますが、乗り越えていきましょう。

お困りごとやご相談がありましたら、お気軽にお問合せください。

 

止まらない木材価格の高騰。木造建築を揺るがす事態となった原因とは【ウッドショック】

 

 

【お問い合わせ】

株式会社ジューテック

市場開発部 木構造チーム

TEL   :03-5408-5055

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【物件紹介】位牌堂

非住宅木構造の物件をご紹介します。

「位牌堂」とはその名の通り位牌を安置する堂の事です。

延床面積は約180㎡。最高高さは約7.5ⅿ。

 

構造的特徴としては小屋を「三方(みかた)格子組」で組みます。

「三方格子組」とは、角材に一定の間隔で

相欠き(2本の木材を十字に組み合わせる方法)を入れた木材を3軸に組みます。

三方格子組は8段となり、角材は米松集成材の105角・120角で構成してます。

 

 

小屋組みの大部分(一部屋根材との取り合いは現場合わせ)は、

プレカット工場にて加工し現場納品しました。

こんな加工を対応してくれる工場があるなんて・・・

プレカット工場さんに感謝です。

「木」の継手は、数種類の金物を駆使しており、詳細は企業秘密です(笑)。

 

 

非住宅木構造に関するご相談事がありましたら、

是非ジューテックの木構造チームまでご連絡ください。

株式会社ジューテック
木構造チーム

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック!

木の可能性!!

昨今木材を利用しての高層建築物、大規模建築物を

見かける様になりました・・

 

今開催されておりますオリンピックのメイン会場「オリンピックスタジアム」も

杜のスタジアムと題し、木を取り入れた

周辺環境と調和するスタジアムとなっており

屋根は木材と鉄骨のハイブリット構造、細く束ねられた木材は

47都道府県の杉を使用して、産地に向けられた方角に並べられ

日本の一体感を表現したデザインとなっているそうです。

 

そんな中、弊社株式会社ジューテックでも

木材を使用した新社屋の建設が始まりました!

 

新社屋ビルは、木の価値・魅力の発信を目的として

純木質耐火集成材「FRウッド」を採用し

木造と鉄骨造を組み合わせたハイブリット構造として計画しています。

プレスリリースはここ!!

 

ジューテックでは、木造非住宅物件に力を入れております!!

 

是非ご相談等、御座いましたらお問合せ下さい!

非住宅木造建築フェア2021

皆さんこんにちは。

ジューテック木構造チームです。

以前よりブログで何度か紹介させていただきましたBP材ですが、、、

 

今回、非住宅木造建築フェア2021に出店することになりました!!

今までのBP材のブログはこちらをご覧ください↓↓↓↓

BP材ってご存知ですか?

 

BP材 関東工場 稼働

 

BP材にて大空間を実現!【TKS構法事例】

 

BP材は今期のサスティナブル先導事業に採択された物件も2棟あり、

現在、上棟に向け打合せ・加工対応の段取りをしている最中です。

そんなBP材を実際に見て頂く良い機会となります。

カタログなどご用意させて頂き、皆様の非住宅木造化の

お役立ちが少しでも出来ればと思っています。

 

当日私たちも説明員として参加させて頂きます。

ご来場の際は是非お立ち寄りください。

お待ちしております\(^o^)/

 

 

お問い合わせ・資料請求

【商品紹介】ユカリラシステム

今回は全空気式床ふく射冷暖房システムの『ユカリラシステム』を

ご紹介させて頂きます。

ユカリラシステムとはエアコンの風を床の中に送り込むことで、

冬は「陽だまり」のような、夏は「木陰」のような快適な空間を

作り出すシステムとなっております。

エアコンの風は直接部屋の中に入れず、床部分を暖めたり冷やしたりする事で、

【輻射熱】により快適な空間を創り出すシステムです。

 

ユカリラシステムの構造

 

ユカリラシステムのポイント

①風の直撃がないから、お肌にも体にも優しく子供や赤ちゃんにも

優しい冷暖房です。

②風が出ず乾燥が少ないから、ホコリやウイルスをまき上げません。

感染症に気を付けたいお子様やお年寄りにも、最適な冷暖房です。

③効率的な冷暖房で環境にも、お財布にも優しい。

上記の設定温度で十分に快適さが実感できます。エコ運転で無駄がありません。

①~③の理由より非住宅の中でも幼稚園・保育園等で多数採用されております。

ジューテックではこのように構造躯体だけでなく多数の商品を扱っており、

さまざまなご提案をさせて頂けます。

非住宅の案件がありましたら、是非ご相談ください。

BP材 関東工場見学してきました!

いつもブログをご覧になっていただきありがとうございます。

先日BP材関東工場を見学しましたので、その紹介をさせていただきます。

 

今までのBP材のブログはこちらをご覧ください↓↓↓↓

BP材ってご存知ですか?

https://www.jutec-mokuzouhijuutaku.com/blog/3600/

BP材 関東工場 稼働

https://www.jutec-mokuzouhijuutaku.com/blog/4482/

BP材にて大空間を実現!【TKS構法事例】

https://www.jutec-mokuzouhijuutaku.com/blog/4737/

 

杉や桧などの製材(芯持ち材)をエポキシ樹脂で圧着し、

①束ねる(Binding)②重ねる(Piling)という手順を経て

出来上がったものがBP材です。

図にすると以下のようになります。

こちらが実際のBP材の写真になります。

5本、3本ずつ重ね(Piling)、束ねた(Binding)写真になります。

こんなに大きい柱なるんですね。

 

 

BP材に使用する製材は、曲げ強度試験により一定の水準以上の

機械等級に達したもののみを採用しています。

杉 E70、90、110

桧 E110、130

上記以下の強度の製材はBP材としては使用できず、弾かれてしまいます。

下の写真のように曲げ強度試験で判定された数値が黄色で書かれています。

 

 

このように個々の製材品には、強度によるバラツキがあり、

曲げ強度が低いこともあります。

 

ですが、製材品を厳選し、さらに束ね・重ねることによって、

強度・経済性・加工性を高められ、木の建築設計の可能性を広げる事が

できると私たちは考えております。

 

S造・RC造で大型建築を計画している方は、

是非BP材による木造建築も検討してみてはいかがでしょうか。 

 

株式会社ジューテック
木構造チーム

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック!

止まらない木材価格の高騰。木造建築を揺るがす事態となった原因とは【ウッドショック】

最近の建築業界にとって大きなニュースといえば

何を思い浮かべられるでしょうか。

 

おそらく皆様は声を揃えて、

ウッドショックとお答えされるのではないでしょうか。。。

 

今、本当に深刻な問題となっています。

影響を受けておられるお客様は多数いらっしゃるかと思います。

 

今回は、なぜ日本がウッドショックと呼ばれる状況になってしまったのかを

改めて御説明させて頂こうかと思います。

 

 

輸入木材の供給異変が顕著に成ったのは昨年末に遡ります。

敏感な方であれば昨秋には既に気づいておられた方もいらっしゃった事かと

思います。

 

今迄コンスタントに入荷されていた輸入木材量が減少し、

それに伴って価格が日を追う毎に上昇し始めました。

 

この価格上昇は振れ幅が想像以上であり、

急勾配を描きながらも現在進行形で上昇し続けております。

 

【参考:樹種ごとの金額の推移グラフ】

 

さてこのウッドショックには様々な要因が考えられるのですが、

特に影響していると思われる3点をご紹介させて頂きたく思います。

 

 

 

1.米国内の住宅需要の増加

 

現在のアメリカの住宅着工件数は、

2006年のリーマンショック以来の高水準となっています。

 

主な原因として

 

・米国内の歴史的な低水準の住宅ローン金利

 

・コロナ禍に因り、人口が密集する都心から郊外への転居の増加

 

・株高などで資産が増幅した富裕層の購買意欲の増進

 

・日本向け専用工場を持つ米松製材の大手マンケランバーが年初に撤退を表明

(※日本の購買力の低下が象徴される出来事で、高値で購入してくれる

  中国や中近東等に販売シフトを変更した)

 

などが考えらるようです。

 

現在アメリカの住宅着工数は、昨年に比べ約15%増加している状況です。

 

2.船便の不足・船賃上昇

 

現在も世界に影響を与えているコロナ感染症の影響により、

船便を思うように可動させることができず物流が滞っています

 

また3月末に発生したスエズ運河の座礁事件

この混乱に拍車をかける形となりました。

 

3.中国の木材輸入量の増加

 

世界的に見て早期にコロナ感染症を抑え込んだ中国は、

自国の経済回復への期待から木材需要が増加しました。

 

元々中国は、産業用丸太の世界最大の輸入国でもあり、

木材を積んだコンテナが中国に集中し、コンテナ不足も招いているようです。

 

 

 

このような要素が重なり、ウッドショックという過去に類を見ない

木材、特に輸入材の在庫不足を招くこととなりました。

 

 

食料自給率同様、我が国の住宅事情が輸入材一辺倒であった実情が

打撃の大きさに拍車を掛けています。

 

 

ここに来て国産材へのシフトが声高に叫ばれていますが、

林業保護を始めとした国産材に対する国の失策を取り戻すには、

時間を要する事に成り、一朝一夕では供給体制を整える事は出来ません。

 

現状輸入材の供給減、及び価格の高騰は止まる所を知りませんが、

それ以上にプレカット工場の生産調整に伴う新築市場への大打撃が

社会問題として顕著になりつつあります。

 

 

「家が建てたいのに、建てられない!」

今迄想定すらしていなかった事が起き始めています。

 

我々ジューテックと致しましては、「ピンチをチャンスに!」

を合言葉にこの様な状況だからこそ皆様にとって御役に立てる存在でありたいと

考えております。

 

 

弊社の協力プレカット工場は東北から沖縄迄全国に点在しております。

この繋がりを活かして何らかの御役に立てるのではないかと自負致して

おりますので、何なりと御相談を頂ければ幸いでございます。

 

 

【お問い合わせ】

株式会社ジューテック

市場開発部 木構造チーム

TEL   :03-5408-5055